爆笑! 超コメディーミュージカル『REizeNT~霊前って…~』観劇レポ

「インタビュー・おすすめ舞台」

5月24日に東京・キンケロシアターで幕を開けたミュージカル『REizeNT~霊前って…~』を観劇してきた。

有名ミュージカル『R●●T』好きにはたまらないと事前に伺っていたが、抱腹絶倒! よくもまあ、あれだけうまいこと作ったなあと感心した。

大富豪の女社長、犬神絢子(林希)の誕生日パーティーが盛大に行われている中、何者かが絢子のグラスに毒を入れ殺してしまう。絢子の通夜で物語は始まるのだが、狼狽して嘆き悲しむ絢子の夫・圭一郎(HONEY(H5))の前に、次から次へと怪しげな人物が登場。姉の絢子をよく思っていない妹の咲子(かちゃ)、お経をあげに来たチャラくて軽いノリの坊主、鷲本・アレキサンダー・三男(大村俊介(SHUN))、絢子の隠し子だと名乗る三葉(橘二葉)、そして何やら通夜の現場を嗅ぎまわる女(シルビア・グラブ)などなど。

物語はサスペンス仕立てで進んでいくのだが、出演キャストは全力で笑いをとってくる。そして使われている曲の一つひとつのアレンジが面白くて素晴らしい。『R●●T』が好きな人は笑いっぱなしになること間違いなしだ。かといって、お笑い一辺倒というわけではなく、ラストが意外に衝撃的。「この話はどうやってまとめるのだろう?そもそもコメディーだから、まとまらなくてもいいのか」と思いきや、「そうきたか!」というラストとなった。

大村俊介(SHUN)さんにお話を伺った時に「junkiesista×jumkiebros.は全員が主役」と語ってくださったが、本当にそれぞれのキャラクターが立った舞台だったと思う。まずはjunkiesistaの4人(林希・JuNGLE・空ゆきこ・柳橋さやか)のコメディエンヌぶりが半端ない。舞台に登場するだけで「クスクス……」と笑いが起こるのだ。junkiesistaは、噂どおり濃いメンバーで成り立っているのだなあと実感した。

唯一のjumkiebros.である大村俊介(SHUN)さんは、予想どおりチャラい坊主役がはまりにはまっていた。チャラ坊主の独壇場となるシーンでは、5秒に1回笑いが起きるのだが、せりふをよく聞いていると「え? 意外にいいこと言ってるじゃん」と感動したりする。また袈裟を着て歌い踊り、汗がしたたり落ちているところみると、かなりパワーを使う役どころだと感じる。

ミュージカル女優として多くの舞台に立っているシルビア・グラブさんは、まさに体当たりの演技で笑いを取っていた。「えっ! シルビアさん、そういう衣装OKなの??」とびっくりしつつも、引き出しの多さに新しいシルビア・グラブを発見したような気がする。そして歌の上手さに改めてしびれた。

シルビアさんだけでなく、かちゃさんとHONEY(H5)さんの歌の上手さにも脱帽したし、ドジな役どころなのに踊ったらキレッキレのATSUSHIさん、そして橘二葉さん(東京パフォーマンスドール)の華やかさや人の好さ丸出しでなぜかホッとする石倉良信さんを見ていると、休憩なしの2時間はあっという間だ。

『R●●T』好きはもちろんのこと、日頃ミュージカルを観ない人も楽しめると思う。6月2日(日)までの上演となり、日によっては若干チケットがあるようなので、お時間があればぜひ劇場へ!


終演後、一緒に写真を撮ってくださった大村俊介(SHUN)さん。
ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました