日本でもなく韓国でもない 主人公が時空を行き交う映画『フィア・オブ・ミッシング・アウト』公開決定

コラム・ニュース
(C) Crashi Films

瀬々敬久、真利子哲也が認めた溢れる才気、国内映画祭が注目する新鋭・河内彰監督による新作映画『フィア・オブ・ミッシング・アウト』 が、2021年7月31日(土)より池袋シネマ・ロサほか全国順次公開することが決定した。このたびキービジュアル、予告編、大林千茱萸さん(映画感想家)ほか絶賛コメント、本作監督のコメントが到着した。

アートセンターでの仕事を通じて、人と映像の関わりをみつめてきた映画作家・河内彰。映像を「縫合」するという、普遍的とも全く新しいとも受け取れる独自の感性は、瀬々敬久・真利子哲也らをはじめ各映画祭で高く評価され続けてきた。

SNSスラングを題した本作は、親友を亡くしたとある女性の物語を通じて、人の心に現れる「とり残される怖さ」と悲しみ、その先に見えてくる光景を描き出す。

キャストは本作が初演技・初主演のYujin Lee、『誰もいない部屋』の小島彩乃、『なみぎわ』のサトウヒロキら。登場人物たちの感情の震えを繊細に表現する。

本作では、劇中の大半で韓国語が使用され、キービジュアル、チラシなどで韓国語がデザインの中に組み込まれている。観た人たちそれぞれが遠くにいる大切な誰かの面影を思い浮かべたくなるような幻想的なキービジュアルに仕上がっている。

(C)Crashi Films

(C)Crashi Films

(C)Crashi Films

大林千茱萸(映画感想家)コメント
画面の中には映っていないはずの、人の想いの「気配」を久しぶりに感じました。もっとこの暗闇に包まれたい。圧倒される作家性。

山﨑憲一(うえだ城下町映画祭実行委員会 委員長 )
かつてヌーベルバーグが、映画表現の極みに挑戦した息吹をこの作品に感じる。全体を深く静かに抑えた画面に輝く眩しいまでの光、長回しに流れるモノローグ、2 時間分を2 分に凝縮した冒頭のドラマ、ローラー滑り台は絶品。

大塚大輔(福岡インディペンデント映画祭 )
折り重なる闇、灯り、会話。共鳴する心。いつまでも浸っていたい、至高の36 分。

河内彰 監督
この映画のテーマは「ここにいない誰かを思うこと」で、大半の撮影は2018 年に行いましたが、奇しくも今のこの、人に直接会えない世界に向けた言葉のようになってしまいました。映画を劇場で観ることも、作ることも難しくなってしまいましたが、それとは関係なく、今日も劇場のスクリーンでの出会いに思いを馳せ、映画館での上映を夢見てカメラを回す方々がたくさん居ることを知っています。私はそのほんの一端の個人の作家ですが、どうぞ少しでも気に留めて頂き、映画を観て頂けたらと思います。この大変な状況下に、映画館での上映をさせて頂けますこと本当に嬉しく思います。映画に関わる皆様に、心より感謝御礼申し上げます。

監督・脚本・編集・撮影:河内 彰 プロフィール
1988 年兵庫県出身。主に都内でCrashi Films(クラッシュアイ フィルムズ)として映画の制作を行う。2017 年に真理子哲也、瀬々敬久らに選出され CHOFU SHORT FILM COMPETITION 19th にて、映画『光関係』でグランプリを受賞、注目を集める。2019 年 池袋シネマ・ロサ「二人の作家 河内彰×松本剛」にて二週間の特集上映で劇場公開デビュー。2020 年『Fear of missing out』がPFF(ぴあフィルムフェスティバル)ほか各映画祭にて上映、話題となる。

『フィア・オブ・ミッシング・アウト』
出演:Yujin Lee 高石 昂 小島彩乃 スニョン サトウヒロキ レベッカ 藤岡真衣 横尾宏美 安楽涼 鏑木悠利 三田村龍伸

監督・脚本・編集・撮影:河内 彰
協力:金子尚景
音楽:mu h
宣伝デザイン:Do Ho Kieu Diem
配給:Cinemago
配給協力:ギグリーボックス
製作:Crashi Films
2019 年/36 分/日本/カラー/DCP (C)Crashi Films

タイトルとURLをコピーしました