3/1より配信スタート キム・ナムジュ&チャウヌ出演『ワンダフルワールド』制作発表会見レポート

(MBC)

Google

2024年3月1日(金)よりディズニープラス スターにて配信スタートする話題作『ワンダフルワールド』。配信に先立ち2月29日(金)ソウルにて制作発表会見が行われ、愛する息子を殺され人生が一変した主人公のウン・スヒョンを演じるキム・ナムジュ、憎しみに囚われた孤独な青年クォン・ソンニュルを演じるチャウヌ、スヒョンの夫、カン・スホを演じるキム・ガンウ、スヒョンと親しく妹のような存在のハン・ユリを演じるイム・セミ、そしてイ・スンヨン監督が登壇した。

筆者は制作発表会見にリアルタイムでオンライン参加させていただいた。その様子を詳しくお伝えしよう。

最初にフォトセッションが行われ、6年ぶりのドラマ出演となるキム・ナムジュが少し緊張気味の表情で登場。そのあとチャウヌ、キム・ガンウ、イム・セミが次々に登場し、10分ほどにわたって華やかな雰囲気の中で撮影が行われた。

キム・ナムジュ(MBC)

チャウヌ(MBC)
左から キム・ガンウ、キム・ナムジュ(MBC)
イム・セミ(MBC)

そしてイ・スンヨン監督も加わり制作発表会見がスタートする前、『ワンダフルワールド』の新たなハイライト映像が公開された。4分にもおよぶハイライト映像では、出演者たちの気迫のこもった演技を目の当たりにし、終始圧倒された。

最初にイ・スンヨン監督が作品について「ワンダフルワールドは、喪失の時代を生きる人々が人間らしさを守るために奮闘する物語といえます」と語った。

イ・スンヨン監督(MBC)

主人公のウン・スヒョンを演じるキム・ナムジュは自身の役について「心理学の教授で有名作家でもあり、幸せな生活を送っていましたが、息子が無念の死を遂げ、その犯人を自らの手で断罪することで人生が一変する女性です」と語った。

キム・ナムジュ(MBC)

クォン・ソンニュルを演じるチャウヌは自身の役柄について「ソンニュルは裕福な家庭で育ちましたが、ある事件をきっかけに自ら険しい道を選びます。彼はミステリアスな人物です」と語り、MCから「今もミステリアスな話し方をしていますね」と突っ込まれていた。

チャウヌ(MBC)

スヒョンの夫、カン・スホを演じるキム・ガンウは自身の役について「家族に突然訪れた悲劇の真相に迫っていく元記者、ニュースキャスターを演じました」と語り、スヒョンと親しく妹のような存在のハン・ユリを演じるイム・セミは「スヒョンを心から慕っているユリを演じます。彼女はミステリアスな事件の中で生きていく人物です」と語った。

イ・セミ(MBC)

自分の演じる役のどんなところに注目してほしいかという質問に対して、キム・ガンウは「家族思いの夫として、妻と息子を愛している姿に注目してほしいです。また正義感が強いところ、家族のために奮闘する姿が見られると思います」と答えた。

キム・ガンウ(MBC)

チャウヌは「ソンニュルの感情に注目していただきたいです。彼は痛みを持っている人物ですが、回を重ねるごとにいろいろな秘密がパンドラの箱を開けるように明かされます。彼が感じた感情に注目してソンニュルを見守ってほしいです。そうすればより作品を楽しめると思います」と語った。

イン・セミは「ユリは前向きで明るくてエネルギッシュな女性です。一人の人間がいろいろな経験をしていくんだという意味で、彼女のことを見てほしいです」と語った。

キム・ナムジュは「スヒョンは強い母性愛を持ち、ジェットコースターのような人生を送る女性です。このドラマは強烈で緊張感があり充実したストーリーなので、母性愛、傷、癒しという面に注目していただきたいです」と語った。

6年ぶりのドラマ復帰となるキム・ナムジュに対し、復帰作になぜ本作を選んだのかと質問がされると「6年ぶりのドラマ復帰ですが、MBCには13年ぶりに帰ってきました。とても緊張しましたが、ドラマの撮影はとても楽しかったです。キャストの皆さん、監督、スタッフの皆さんと本当に良い仕事ができたと思っています。この作品を選んだ理由は、スヒョンは強い母性愛がある人物だというところに惹かれました。無念にも息子を亡くした母の気持ちを代弁したいという気持ちでこの役を選びました」と答えた。

ポスタービジュアルで使われているシーンを再現するチャウヌとキム・ナムジュ(MBC)

キム・ナムジュとチャウヌに対し、2人のキャスティグが少し意外だと感じたということ、そしてチャウヌに対しては前作の『ワンダフルデイズ』とは打って変わって違うキャラクターを演じることへの大変さについて質問が投げかけられると、チャウヌは「キム・ナムジュ先輩との相性は100点満点だと思います。先輩はクールな印象がありましたが、本当にきさくに接してくださいました。2人のシーンは楽しく撮影させていただき、演技で悩んだときは意見を言ってくださったりしました。とても良いお仕事ができたと思っています。前回MBCで『ワンダフルデイズ』に出演し、今回立て続けに『ワンダフルワールド』に出演させていただいて、役の雰囲気が違うことについて負担とは思いませんでした。『ワンダフルワールド』の台本を読んだときに、ソンニュルが持っている痛み、傷をうまく表現したいと思いました」と答えた。

チャウヌの答えに対してキム・ナムジュは「私は110点だったと思います。後輩愛ですね(笑)。私にとっても良いチャンスでしたし、俳優としてのチャウヌさんは柔軟に対応してくださり、何よりよい人格の持ち主です。何から何まで2人で相談しながら演技ができましたから、良い結果しかないと思っています。チャウヌさんは星から来た王子様のようなイメージだったので、最初は負担に思ったりもしましたが(笑)、日が経つにつれて可愛い弟のように楽しく撮影ができました」と語った。

チャウヌ、キム・ナムジュ(MBC)

物語が全体にわたって悲劇的な要素が感じられるのに、なぜタイトルが『ワンダフルワールド』なのかという質問に対し、イ・スンヨン監督は「背景が漆黒であればあるほど、そこにいるキャラクターたちは際立ちます。そこで紡ぎ出される関係性が非常に美しいと思います。ドラマを最後までご覧いただくと、悲劇というよりは美しい物語だと感じていただけると思います」と答えた。

ドラマ出演から離れていた6年間で何を得たかという質問に対して、キム・ナムジュは「この6年間、子どもたちととても幸せな時間を過ごしていました。俳優として作品のことを考えるというよりは、母としての生活を楽しんでいました」とほほ笑んだ。

6年前に出演した『ミスティ~愛の真実~』で演じた役と『ワンダフルワールド』の役が同じように重厚感がある点に対しては「私自身の気持ちが動いたので、この作品に出演することを決めました。ジャンルがだぶるから違うジャンルにしようというよりは、この役は得意かもしれない、うまくできるのではないか…と思える作品を選びました。子どもたちも成長して私があまり求められなくなったので(笑)、仕事を再開しようと思ったときに心惹かれる作品に出会い、この役を他の俳優さんが演じたら後悔するだろうな…と思ったので、出演を決めました」と語った。

大先輩であるキム・ナムジュと共演するにあたって、驚いたり感心したりしたことはあったか、印象に残ったエピソードについて教えてほしいという質問に、イン・セミは「キム・ナムジュ先輩と共演できて本当に光栄でした。最初から最後まで先輩から目を離したくなかったです。現場でとてもかっこよくて、演じているときに本気で私と向き合ってくださいました。気配りのある方ですし、演技をするときの集中力がものすごいんですよ」と熱く語った。

キム・ガンウは「キム・ナムジュさんと夫婦役ということで、果たして務まるのだろうかとプレッシャーがありました。大先輩ですのでご迷惑をおかけするんじゃないかと…。でも最初の撮影からキム・ナムジュさんは、壁を取っ払ってくださったんです。『あなたは好きにやってくださいね』というシグナルをいただいたような気がして、こう申し上げると失礼かもしれませんが、母の胸の中で思い切り遊べたような気がするんです。本当にありがとうございます!(笑)」とにこやかに語った。

キム・ナムジュは、年齢差があるキム・ガンウと夫婦役ということで「悪いねー。」という気持ちになったと笑いながら語り「キム・ガンウさんは後輩だけれども、大人だなーと感じましたし助けられました。現場でいつも『悪いねー』と言っていましたよ(笑)」と付け加えた。

チャウヌはキム・ナムジュとの面白いエピソードを思い出したといい「外で撮影をしていたとき、キム・ナムジュ先輩のファンの方がいらっしゃったんです。カメラに写り込んでしまうので、ちょっとどいてくださいと頼んだら、ナムジュ先輩がファンの方に『ご覧になるならここでどうぞ』とおっしゃって、ファンのために席を設けてくれたんです。そういう姿を見て、かっこいいなと思いました」と楽しいエピソードを語った。

会見の最後、一人ずつ視聴者に対してメッセージが送られた。

イン・セミ「ハイライト映像を見ただけで胸にジーンときて、どうしてこんなに美しいんだろうと思いました。視聴者の皆さまがどういうふうにご覧になるのか気になります。ぜひ皆さまと共感したり心通わせたり、また心が癒される作品になればいいなと思っています。ぜひご覧いただきたいと思います」

キム・ガンウ「私が台本を読みながら涙を流したり、ここまで心を動かされたことは初めてだと思います。台本を読んだときもそうですが、作品として仕上がったとき、この感情が皆さまにきちんと伝わると思います。ご期待ください」

チャウヌ「春が近づいてきていますが、春とともに『ワンダフルワールド』をぜひご覧いただければと思います」

キム・ナムジュ「6月から撮影に入って、8カ月にわたってキャスト、監督、スタッフの皆さんと一緒に全身全霊で作った作品です。皆さまにも共感していただけたら幸いです」

イ・スンヨン監督「美しい台本と俳優たちが、美しい物語を作ったと思います。私は編集をしながらすでに満足しているので、視聴者の皆さまにも満足していただきたいと思います。よろしくお願いいたします」

約1時間におよぶ合同インタビューで、久しぶりに見たキム・ナムジュはやはりオーラがあって素敵な俳優だった。そしてチャウヌ、キム・ガンウ、イン・セミとの関係の良さも感じられる和気あいあいとした雰囲気が印象的だった。

文・咲田真菜

チャウヌ、キム・ナムジュ(MBC)
目次

『ワンダフルワールド』

ディズニープラス スターで、2024年3月1日(金)より独占配信開始
(C) SAMHWA NETWORS. All Rights Reserved.
(全14話/毎週金・土曜日2話ずつ配信)

ストーリー
心理学教授で有名作家のウン・スヒョン。完璧な日常を送っていた彼女だが、ある日愛する息子を殺され、人生が一変してしまう。絶望と憎悪に満ちたスヒョンは、法をかいくぐり野放しにされた犯人を自らの手で葬ることに。生きる意欲を失い、落ち込んでいたスヒョンだが、刑務所で出会った仲間の囚人からの慰めに少しずつ心を開いていく。出所したスヒョンは、ひょんなことから、同じく心に傷を負った孤独な青年ソンニュルと出会う。二人はそれぞれの秘密を抱えたまま対峙することになるがー。

スタッフ
演出:イ・スンヨン
脚本:キム・ジウン 「嘘の嘘」

キャスト
ウン・スヒョン:キム・ナムジュ
クォン・ソンニュル:チャウヌ
カン・スホ:キム・ガンウ
ハン・ユリ:イム・セミ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

国家公務員・一般企業勤務を経てフリーランスのライターになる。高校時代に観た映画『コーラスライン』に衝撃を受け、ミュージカルファンとなり、以来30年以上舞台観劇をしている。最近はストレートプレイも積極的に観劇。さらに第一次韓流ブームから、韓流ドラマを好んで視聴。最近のお気に入りはキム・ドンウク。

目次