『キングダム』『ハイエナ』のチュ・ジフン主演 映画『ジェントルマン』クールな仕草が魅力的なタイトルバック映像公開

Google

2024年2月9日(金)新宿バルト9 ほか全国ロードショーが決定している映画『ジェントルマン』のタイトルバック映像が公開された。

YouTube
2月9日(金)公開『ジェントルマン』|本編映像“タイトルバック” 作戦は完璧に、捜査はジェントルに!2024 年2月9日 新宿バルト9 ほか全国ロードショーklockworx-asia.com/gentleman/“依頼された事件は100%解決する”が売り文句の興信所...

今回到着した本編冒頭に投影されるタイトルバック映像の“タイトルバック”とは、映像作品の冒頭・最後に、タイトルの題字・スタッフクレジットが入っている部分のことを指し、テーマソングなどに合わせて1シーンの映像を作り上げている。作品の世界観の説明、根幹を伝える演出技法だ。

本作のタイトルバック冒頭では、ラテンジャズ調のBGMに合わせて、主演俳優チュ・ジフンが登場。

“依頼された事件は100%解決する”が売り文句の、興信所の社長チ・ヒョンスを演じており、黒いスーツをスマートに着こなし、夜の街を闊歩する姿を捉える。細い路地に入り煙草をふかし金色の腕時計で時間を確認するなど、クールな仕草が魅力的だ。映像の最後では、水溜り越しにネオンの看板が映り、『젠틀맨』(『ジェントルマン』)というタイトルの文字が水面に浮き出る演出が披露される。

少女誘拐事件の濡れ衣を晴らすために、検事になりすますことになったチ・ヒョンス。まるでスパイのような生活を送る主人公を演じたチュ・ジフンが「よりリアルに見せたいという思いから、全くメイクをせずに演じました。シーンによっては、日焼け止めは塗った日もありましたけど(笑)。顔がツヤツヤの興信所の社長よりも、走り回って体を動かすサバイバル系の人物を表現したかったんです」と、茶目っ気溢れた意外な事実を明かしている。

目次

映画『ジェントルマン』概要

監督:キム・ギョンウォン
出演:
チュ・ジフン(『暗殺殺人』/『神と共に』シリーズ/『キングダム』)
パク・ソンウン(『新しき世界』)
チェ・ソンウン(『スタートアップ!』)
カン・ホンソク
イ・ダル
パク・ヘウン

(c) 2022 CONTENTS WIVIE & TROOXSTER ALL RIGHTS RESERVED./2022年/韓国/123分/シネマスコープ/DCP5.1ch

原題:젠틀맨/英題:GENTLEMAN/字幕翻訳:朴澤蓉子/配給:クロックワークス/レイティング:G
公式HP:klockworx-asia.com/gentleman/ 公式X:@klockworxasia

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次