4月のタカラヅカ・スカイ・ステージはすごい!

コラム・ニュース

最近「平成最後の……」という言葉をよく聞くが
宝塚専門チャンネル「タカラヅカ・スカイ・ステージ」で
平成のトップスターたちの代表作を放送するらしい。

なんと素晴らしい企画だろう!
思い起こせば、平成が始まるとともに私の宝塚歴が始まったのだ。

ガッツリ宝塚にはまったのは、久世星佳さんが月組のトップスターに
就任した時だ。いや、正確にいうと前任の天海祐希さんの退団公演
『ミー・アンド・マイガール』で、久世さんが演じたジョン卿で
ノックアウトされたのだ。

この話をすると誰もが「はあ??」と不思議がり
「のんちゃん(久世さんの愛称)は地味だし……」と申し訳なさそうに
言う人が多かった。

でも、宝塚在団当時からお芝居に定評があった久世さんが見せる
数多の表情は、ものすごく魅力的だった。
相手役の風花舞さんを優しく見つめる笑顔、よかったのよ!

大劇場3作でトップを退いた久世さんだが、どの作品が放送されるのだろうと
見てみたら、1997年の作品『バロンの末裔』だった。

やった! これ、本当に素敵な作品なのよ。
久世さんの退団公演で「正塚晴彦先生、さすが!」と思ったものだった。

それに出演者がとても豪華。
2番手は真琴つばささん。
3番手は宙組初代トップスターの姿月あさとさん。
本当にいい時代だった。
4/6の放送が楽しみだー。

#タカラヅカ・スカイ・ステージ
#バロンの末裔
#久世星佳

タイトルとURLをコピーしました