落語家・柳家喬太郎、ダンサー・田中泯による伝説の舞台が映像配信決定

写真:染谷高司(2012年紀伊國屋ホール)

落語家の柳家喬太郎が語り、世界的なダンサー・田中泯が踊る伝説の舞台が、2021年の限定発売DVDに続き、2022年2月22日より映像配信されることが決定した。

落語中興の祖・三遊亭圓朝がグリム童話『死神の名付け親』をもとに作ったといわれ、現在も多くの噺家が高座にかける落語「死神」。

人気漫画アニメ「昭和元禄落語心中」の劇中で描かれたり、米津玄師の楽曲モチーフで話題となるなど、他ジャンルから題材として取り上げられることも多い人気落語演目のひとつだ。

本作『死神~グリム童話「死神の名付け親」より』は良く知られるこの名作とは似て非なるもの、柳家喬太郎が原点に遡り新たに創り出した「死神」に、田中泯が独創的な踊りをつけてみせた舞台高座の映像となる。

従来の「死神」ではないまったく新しい「死神」は、エネルギーに満ちあふれた作品となっている。上映時間は約70分。

『死神~グリム童話「死神の名付け親」より』

出演:柳家喬太郎 田中 泯
配信サイト:Streaming+ https://eplus.jp/sf/detail/3577700001-P0030001
視聴チケット価格:通常¥2,000/「らくご来福」会員限定割引チケット価格¥1,700
視聴チケット販売期間:02/15 10:00~02/28 22:00
視聴期間:02/22(火)~02/28(月)
視聴時間:約68分

◆「らくご来福」会員限定割引チケット発売中◆
価格¥1,700(一般チケット¥2,000)
 落語ファンのためのオンラインクラブ「らくご来福」では、スペシャルイベントのチケット先行販売や割引、映像・音源配信などのオリジナルコンテンツなどをご用意して皆様をお待ちしています。月額330円(税込)。ぜひご入会をご検討ください。
ご入会はこちらから→https://rakugoraifuku.com/

【柳家喬太郎(やなぎやきょうたろう)】
落語家。1963年東京生まれ。書店勤務を経て、平成元年に柳家さん喬へ入門。平成12年に真打に昇進。古典・新作を問わずその高座は高い評価を得ており、現在の落語界の実質的な第一人者といえる存在である。

【田中 泯(たなかみん)】
ダンサー・舞踊家。1945年東京生まれ。あらゆる芸術活動が世界中から熱い眼差しを受ける。2021年もアムステルダム坂本龍一『TIME』での圧倒的な存在感が賞賛された。犬童一心監督に描かれた『名付けようのない踊り』が2022年1月から全国公開中。
映画『名付けようのない踊り』公式HP:https://happinet-phantom.com/unnameable-dance/

企画・制作 馬場健一(ざぶとん亭風流企画)
照明デザイン アミ
装置 鈴木啓志 遠藤正信
映像 安宅晋一
写真 染谷高司
2012年 紀伊國屋ホール

『死神~グリム童話「死神の名付け親」より』特設HP:
https://www.110107.com/s/oto/page/shinigami?ima=2353

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる