倉持裕×杉原邦生が初タッグを組む KAAT神奈川芸術劇場プロデュース 舞台『SHELL』が2023年11月に上演

舞台『SHELL』出演者

2023年11月11日(土)~11月26日(日):KAAT神奈川芸術劇場<ホール>にて、舞台『SHELL』が上演される。

本公演は、KAAT神奈川芸術劇場の2023-2024メインシーズン最初の<ホール>公演だ。シーズンタイトル「貌(かたち)」にちなんで、人間の「貌(かたち)」とは何かをめぐり、さまざまなエピソードで現代に生きる私たちを投影する、作・倉持裕×演出・杉原邦生による新作公演となる。

戯曲を手がける倉持は、小劇場の劇団からキャリアをスタートし、近年では舞台の脚本・演出にとどまらず、テレビドラマの脚本も手がけるなど活躍の場を広げている。

「若い時期ではないと得られない熱気あふれる若者たちの世界を描いてほしい」という長塚圭史芸術監督の依頼により、倉持ならではのシュールさで女子高校生を中心とする現代の世界をリアルに描いた本作が生まれた。

演出を担当する杉原は、プロデュース公演カンパニーKUNIOでの活動のみならず、『オレステスとピュラデス』『パンドラの鐘』『血の婚礼』といった記憶に新しい作品を手がけるなど、今、最も精力的に活動する演出家だ。

さらに音楽を手掛けるのは、SNSを通じて国内外から注目される20歳の新進気鋭の若手音楽家・原口沙輔。杉原のラブコールにより実現したコラボレーションで、原口の初めての舞台音楽参加にも期待が高まる。

年齢も性別も違ういくつもの人生を、いくつもの顔をもって同時に生きる特異な人々が登場する摩訶不思議な世界を描いていく本作。主人公の高校生キャストは、2012年の女優デビューから注目作に次々出演し注目を集める石井杏奈と、集英社「Seventeen」の専属モデルとしてティーンエイジャーに支持され、女優としても活躍の場を広げる秋田汐梨が決定した。

また、映画『THE3名様』や、舞台『私の一ヶ月』(22年)、『歌うシャイロック』(23年)などコンスタントに映画、TVドラマ、舞台に出演し、今年芸能生活30周年を迎える岡田義徳が、Z世代を代表する若き才能とともに、舞台を創り上げる。

【あらすじ】
とある高校の放課後の教室。そこには生徒の未羽(みう)、希穂(きほ)、咲斗(さくと)と数名の友達たち。彼らは、突然学校に来なくなった松田先生について、そしてこの学校の問題について度々話し合っている。
ある日、未羽は通りがかったビルからマネキンが落ちてくる現場に遭遇する。そのマネキンを抱きかかえていたのは中年男の高木だが、未羽には高木でもあり希穂の顔にも見えるという不思議な体験をする。同じ人間がいくつもの<顔>を持っている。それは、一部の者だけが知っている世界だったのだが、未羽にはそれを見抜く力があった。
希穂たち以外にも、いくつもの<顔>をもっている人々が分かる未羽。様々な登場人物たちがうごめく中で、顔を見抜けて「絶対他者」を繋げてしまう未羽、顔を持つ人々、そして全く分からない人々との間に、摩擦が生じていく…

作・倉持裕 コメント

KAATより「『貌=かたち』というテーマで若者たちを主人公にした話」というお題を頂き、いくつか提案したところ、おそらく最も想像がつかないという理由で、この『SHELL』という物語が選ばれた。それは一言で言うと、姿かたちを変えながら生きている若者と、それを見破ることができる若者の話である。

こちらで提案しておきながら自分でも展開が想像できなかったため、執筆はとても苦労したが、芸術監督の長塚さん、演出の杉原さん、KAATのスタッフの皆さんからご意見を頂きながら何度も書き直すうち、この奇妙な物語の向かうべき場所がはっきり見えてきた。

苦労のかいあって、何にも似てない、どこにもない話ができた。
現実ではありえない状況に置かれた主人公たちの心境を想像する作業は楽しかった。
今のところ文字の塊にすぎないこの異様な世界が、杉原さん始め、キャスト、スタッフの力によってどんな「かたち」を獲得するのか、非常に楽しみだ。

演出・杉原邦生 コメント

劇作家との新作づくりは毎回刺激に充ち溢れています。作家の描き出す〈言葉〉、その〈言葉〉たちによって立ち上がる〈物語〉、そしてその〈物語〉から湧き出てくるイメージ―――まさに〈演劇〉が生み出されるその最初の瞬間に立ち会えているような、驚きと興奮と喜びがあるからです。初顔合わせとなる倉持裕さんとディスカッションを重ね、本を練り上げていく作業も、やはり刺激に充ち溢れています。

今回の作品は、誰しもそれぞれ持っている幾つもの〈顔〉とその役割についての物語です。そしてこの物語が、蒼き時期(あおきとき)の只中にいる高校生の視点で描かれることで、その切実さはさらに色濃く迫ってくるように思います。その切実さが現代社会へ投げかける“問い”は決して小さくない意味を持つんじゃないか、そんな気がしています。KAAT神奈川芸術劇場<ホール>のダイナミックな劇場空間で、フレッシュかつエネルギッシュなキャスト&スタッフと共に、観る者の身体に刻まれるような強烈な演劇体験を創造したいと思っています。

音楽・原口沙輔

実を言うと、演劇や映画などは苦手です。
嫌いという意味ではなく、むしろその逆で、作品を観ている最中から様々な感情が胸に突き刺さり、しばらくその余韻に支配されてしまうのです。どうにかその感情を音や言葉、音階などで表現できないかと思い、他のことが手につかなくなってしまうのです。

今回、音楽制作のオファーをいただき、脚本を読ませていただいた後、もう既にこの作品が頭から離れず、その世界にまるで自分も居るかのような気分になっています。その余韻や感情や世界観を遂に自分の頭から外に出せる。それを最高の形で皆さんにお届けできるよう腕によりをかけるつもりです。

この度はお声がけいただき本当にありがとうございます。好きになった作品に直接音を付けられる機会をいただけてとても嬉しく思っています。

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース 『SHELL』

会場: KAAT神奈川芸術劇場<ホール>
日程: 2023年11月11日(土)~26日(日)

料金(全席指定・税込)
S席:6,800円
S席平日夜割:6,500円
A席:4,800円
神奈川県民割引(在住・在勤/S席のみ):6,000円
U24チケット(24歳以下):3,400円 高校生以下割引:1,000円 シルバー割引(満65歳以上):6,300円
※神奈川県民割引は、チケットかながわの電話・窓口にて8月26日より取り扱い(前売のみ、枚数限定、要住所確認)
※U24・高校生以下・シルバー割引はチケットかながわの電話・窓口・WEBにて、9月9日より取り扱い(前売のみ、枚数限定、要証明書)
※車椅子でご来場の方は、購入前にチケットかながわにお問い合わせください。
※未就学児の入場はご遠慮ください。 ※営利目的の転売禁止。 ※公演中止の場合を除き、チケットの変更・払い戻しはいたしません。

発売:
一般発売:9月9日(土)
KAme(かながわメンバーズ)先行発売:8月26日(土)
取り扱い:
チケットかながわ https://www.kaat.jp 0570-015-415(10:00-18:00)
窓口:KAAT神奈川芸術劇場2階(10:00-18:00)
チケットぴあ https://pia.jp/t/kaat/ [Pコード:520-384]
イープラス https://eplus.jp/kaat/
ローソンチケット https://l-tike.com/play/kaat/ [Lコード:31365]

作:倉持裕
演出:杉原邦生
音楽:原口沙輔

出演: 石井杏奈 秋田汐梨
石川雷蔵 水島麻理奈 成海花音 北川雅 上杉柚葉 キクチカンキ 香月彩里
近藤頌利 笠島智 原扶貴子
岡田義徳
藍実成 秋山遊楽 植村理乃 小熊綸 木村和磨
古賀雄大 出口稚子 中沢凜之介 中嶋千歩 浜崎香帆

お問合せ: チケットかながわ0570-015-415(10:00‐18:00) https://www.kaat.jp

公式サイト: https://www.kaat.jp/d/shell

主催・企画制作:KAAT神奈川芸術劇場
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術等総合支援事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

[京都公演] 京都芸術劇場 春秋座
2023年12月9日(土)15時開演
10日(日)13時開演
主催:京都芸術大学 舞台芸術研究センター
お問合せ:京都芸術大学 舞台芸術研究センター 075-791-9207 https://k-pac.org/

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人