内野聖陽、風間俊介、溝端淳平が出演『最貧前線』宮崎駿ワールドで平和を考える 

「インタビュー・おすすめ舞台」

2019年8月27日(火)、神奈川県立青少年センター 紅葉坂ホールで舞台『最貧前線』のゲネプロ公演を観劇する機会に恵まれた。

この作品はかつて宮崎駿が不定期に連載をしていた「宮崎駿の雑想ノート」の中の物語の一つで、太平洋戦争末期に漁船・吉祥丸に乗り込んだ漁師と軍人たちの物語だ。宮崎の作品はたった5ページなのだが、そこから『最貧前線』という作品が生まれた。

主な登場人物は吉祥丸の船長に内野聖陽、漁船に乗り込む海軍の艇長に風間俊介、その部下に溝端淳平。アメリカ軍の動きを探るため海上に駆り出される吉祥丸に漁師と軍人が一緒に乗り込むのだが、軍人たちは漁師たちを軍隊の慣例に従って厳しく指導する。しかし漁師たちは軍人たちのピリピリした雰囲気にとまどいながらも、明るくあどけなく、時に軽口をたたく。

漁師は全員福島弁を話すのだが、中でも内野が話す福島弁が見事で、時々何を言っているのか分からないほどリアリティーがある。福島の素朴な漁師の雰囲気がよくでていて、本当にこの人はすごい俳優だと改めて感じた。強面で声を荒げてばかりいる軍人たちの指示に素直に従うのだが、おかしいと感じたことは軍人へ直接物を申す。艇長の風間に対して「漁師として今回ほど怖い航海はない。船員の心がバラバラだからです」と訴え、風間がハッとするシーンが心に残る。

その風間もとてもいい味を出している。終始低い声でまわりを威圧する雰囲気を醸し出しながらも、決してワンマンではなく、軍人としてなすべきことをやるという責任感のあるリーダーだ。風間はテレビ朝日のドラマ『やすらぎの刻~道』の昭和編にも出演していて、時代背景も相まって比較してしまったのだが、同じ人物か……と思ってしまったほど。軍人と養蚕農家という役柄の違いがあるから当然だけれど、うまいな、と思う。

最初は軍人と漁師たちに高い壁があったのだが、激しい嵐に遭遇し、漁師たちの知識で乗り越えたところから、軍人と漁師たちの心の垣根が徐々に取り払われていく。特に溝端が演じる通信長は、漁師たちと心を通わせ、夜間に船底の通信室で軽口を叩き合い、軍人として戦争に疑問を感じながら漁師たちに心を寄せていく優しい男を好演している。そんな中、吉祥丸は危ないといわれている南方の海上へ出航するように命じられ、船員全員が死を覚悟することになる……。

戦況が厳しくなってきた太平洋戦争末期の物語だが、暗い雰囲気ばかりではない。もちろん軍人が漁師を殴ったりする理不尽なシーンはあるものの、とにかく漁師たちが常に明るく前向き。船上でおにぎりをほおばりながら「米のメシが食べられるなんて、ありがたい」とつぶやく見習い漁師の言葉が胸にしみる。

私たちが歴史の授業で習ったように、当時は正しい戦況について庶民はほとんど知らされていなかったようだ。「あれだけ偉い軍人さんが、こんな小さな漁船に乗り込んでくるのはおかしい。もしかしたらこの戦争で何か起こっているのかもしれない」と漁師同士が語り合うシーンが、歴史の本当の姿を映し出している。

そしてもう一つの見どころは、この舞台はほとんどが船上でのシーンだということ。嵐に見舞われるシーンなど、どのように表現されるのか。出演者たちが体を張って船上での様子を表現しているので、ぜひしっかり観てほしい。

南方の海へ出航した吉祥丸や漁師や軍人たちがどうなるのか。物語の最後に吉祥丸の船長と艇長がしみじみ語り合うシーンに涙を流してしまった。

横浜公演は8月29日(木)で千秋楽を迎えたが、10月27日(日)まで豊橋、水戸、上田、新潟、東京、兵庫、大和で上演される。チケットは残り少ないと思うが、ぜひ劇場へ足を運んで、平和について考えてほしい。

タイトルとURLをコピーしました