劇団ぼるぼっちょ・『ダンナー・ジェンダップ』観劇

劇団ぼるぼっちょ、旗揚げ公演の再演『ダンナー・ジェンダップ』を
観劇してきた。

f:id:yoshinagamaki24:20180917233558j:plain

いや~、面白かった。やっぱりこの作品は面白い。
いまだにメインテーマ(と、勝手に思っている)の
ダンナー・ジェンダップの歌(と、勝手に名前をつけた)が
頭の中をグルグルしている。
頭から離れない曲って、名曲だと私は個人的に思っている。

さて初演を観ている私としては、出演者が変わるだけで
こんなに雰囲気が変わるんだーというのが、一番に思ったこと。

前回ダンナー・ジェンダップを演じた川口竜也さんとは
全く色の違うダンナー・ジェンダップを池田紳一さんは作り上げていた。

これがまた面白いんだわ、ほんとに。

この作品の面白いところは、出演者全員が体を張っているところ。
出番じゃないときはそれぞれが楽器を手にして演奏をし
大道具、小道具だってこなしてしまう。

そして今回特に思ったのは、この話、とってもドリフなんだよね。
私は「8時だヨ!全員集合」で子ども時代を送ったドリフ世代。
この作品を作った安倍さんは、私よりずいぶん若いから
ドリフはそんなにドンピシャではないと思うのだが
懐かしいノリがいっぱい。

特にダンナー・ジェンダップとおばあさんのやりとりは
志村けんいかりや長介のコントそのものだもの。

残念ながら今日で千秋楽だけれども、またこの作品をやってほしいし
年末にはぼるぼっちょの新作『クラブシャーリー』が上演時間されるので
ぜひ「芝居は好きだけど、ミュージカルはちょっと苦手」という人に
観てほしいなあと思う。

~今日の2枚~

f:id:yoshinagamaki24:20180917233737j:plain

この手作り感が、とってもいいんだよねー。

f:id:yoshinagamaki24:20180917233852j:plain

そして井上芳雄さんから、こんなのが届いていました。

タイトルとURLをコピーしました