佐々⽊蔵之介が20⼈の登場⼈物を演じた『マクベス』 WOWOWで放送決定

コラム・ニュース

2020年12⽉5⽇(⼟)18時からWOWOWライブにて、『マクベス(スコットランド・ナショナルシアター版) with 佐々木蔵之介』の放送が決定した。

シェイクスピアの作品の中でも、欲望と罪の狭間で悩みもだえる⼈間の姿を描いたことで名⾼い⼼理劇を新たな解釈で舞台化し、佐々⽊蔵之介がひとりで20⼈の登場⼈物を演じる。

登場⼈物のほとんどをひとりで演じ切るというコンセプトのもとに作られたナショナル・シアター・オブ・スコットランド(NTS)版『マクベス』は、精神科病院を舞台に、病室に隔離された患者の動きを監視カメラが捉え、病棟のモニターに映し出す。⼥性医師と看護師が登場するが、佐々⽊がマクベスだけでなくマクベス夫⼈、同輩のバンクォー、国王ダンカン、その忠⾂マクダフ、3⼈の魔⼥など合計20役をひとりで演じ、⼤好評のうちに幕を閉じた傑作だ。

NTS版「マクベス」は俳優のアラン・カミング主演で2012年6⽉にスコットランドで初上演。⽇本初演となる今作はオリジナル版の演出家アンドリュー・ゴールドバーグを招き、美術、⾐装、映像、⾳響デザインもNTSの全⾯協力のもと、⽇本語版として作られている。

「この舞台は特別。自分の後ろまで見えるような研ぎ澄まされた感覚だった。」と語る佐々木。彼の挑戦が生んだ演劇史に残る傑作を見逃してはならない。

【番組情報】
番組名:マクベス(スコットランド・ナショナルシアター版) with 佐々⽊蔵之介
放送日:12⽉5⽇(⼟)夜6︓00 [WOWOWライブ]収録⽇:2015年

収録場所:東京 PARCO劇場
スタッフ・キャスト/
⽇本版演出:アンドリュー・ゴールドバーグ
美術:マール・ハンセル
照明デザイン:ナターシャ・シヴァース
⾳響デザイン:ファーガス・オヘア
映像デザイン:イアン・ギャロウェイ
技術監督:ニアル・ブラック
出演:佐々⽊蔵之介 ほか

◆番組公式サイト:https://www.wowow.co.jp/release/005679
◆WOWOWステージ公式ツイッター:@wowow_stage

タイトルとURLをコピーしました