イ・ビョンホン×ハ・ジョンウが初共演 映画『白頭山(ペクトゥサン)大噴火』が2021年夏、日本上陸

コラム・ニュース

イ・ビョンホン、ハ・ジョンウ、マ・ドンソクという、韓国最高の俳優陣が豪華共演を果たし、韓国で観客動員数820万人超えの大ヒットを記録した映画『白頭山(ペクトゥサン)大噴火』が、2021年夏に日本に上陸する。

北朝鮮と中国の国境付近に位置する、朝鮮半島で最も高い山・白頭山。1000年に一度大噴火を起こすといわれるこの山が、もしも大規模噴火を起こしたら朝鮮半島はどうなってしまうのか―!? そんな大胆な発想から韓国映画初の本格ディザスター・ムービーが誕生した。

主演は『神と共に』シリーズなど今や韓国映画界きっての大ヒットメーカーであるハ・ジョンウ。韓国はもちろん世界で活躍するイ・ビョンホン、『新感染 ファイナル・エクスプレス』で日本でも大ブレークしたマ・ドンソクと豪華な布陣。

監督は『彼とわたしの漂流日記』のイ・ヘジュンと『神と共に』シリーズの撮影監督キム・ビョンソ。二人がタッグを組むことで、物語の深さに加え、リアリティある映像が実現。さらに『パラサイト 半地下の家族』や『神と共に』シリーズなど革新的な技術力で数々の傑作を生みだしているデクスタースタジオも制作に参加している。

今後の続報に期待したい。

タイトルとURLをコピーしました