藤原祐規、三上俊、柏木佑介らが出演 舞台『ゲズントハイト』〜お元気で〜再演が決定

コラム・ニュース

2022年2月17日(木)~2月20日(日)東京芸術劇場シアターウエストにて、キムラ真が率いる劇団ナイスコンプレックスの代表作、舞台『ゲズントハイト』〜お元気で〜の上演が決定した。

本作は、映画『パッチアダムス』などで知られる実際に日本で活躍されているクリニクラウン(小児科にくる子供たちを笑顔にするピエロ)の活動をモチーフに誕生した、劇団ナイスコンプレックスのオリジナル作品で、2011年と2012年、2016年に上演された。

日本の医療の現状と、病に直面した子供たちの寂しさや恐怖感、親の苦悩、そして医療従事者の挑戦とリアルを描きながら笑顔を届ける。

この度、2012年に主演を務めた藤原祐規が10年ぶりに再登板。相方役に2016年から続投の三上俊、そして舞台となる小児病棟の医者役に柏木佑介・東拓海を迎える。

さらに多くの作品で活躍中の南翔太、朝倉ふゆな、倉田瑠夏、竹内心、田中温子らも出演が決定。顔ぶれ新たにナイコンメンバーと共に3度目の再演となる。
チケットは、2021年12月27日(月)12:00から一般発売開始。 詳細は公式ホームページ(http://naikon.jp/)まで。

藤原祐規

三上俊

南翔太

柏木 佑介

東拓海

朝倉ふゆな

倉田瑠夏

竹内心

田中温子

早野実紗(ナイスコンプレックス)

赤眞秀輝(ナイスコンプレックス)

北野くるみ(ナイスコンプレックス)

キムラ真(ナイスコンプレックス)

≪あらすじ≫
あなたの顔が微笑みに和らぐ、その一瞬が見たいから…
静寂に包まれ、消毒液の臭いがする薄暗い病院。
その中を、元芸人は、ピエロの様におどけジョークを連発しながら闊歩する。
「笑いから得る免疫効果」を信じ、病める人々の為に、彼は今日も赤い鼻をつける。
人を笑わせることに人生をかけた芸人が現実と向かい合い、挫折の末見つけた自分の居場所。
難病の治療と向き合う子供達の「笑顔」を取り戻す為に元・芸人は奔走する。
現在の日本での医療とケアクリニックの、形にできないズレ。
正しい事をしている筈なのに受け入れられない環境。
理想を現実のものにするべく元・芸人がとった行動は?
初演から11 年経って尚、現在にリンクする人間なら必要な物語!!!

▼公演概要▼

『ゲズントハイト』〜お元気で〜

公演日程:2022年2月17日(木)~2月20日(日)
劇場:東京芸術劇場シアターウエスト

キャスト:藤原祐規、三上俊、南翔太、柏木佑介、東拓海、朝倉ふゆな、倉田瑠夏、竹内心、田中温子、早野実紗、赤眞秀輝、北野くるみ、キムラ真、ほか

原作・演出:キムラ真
主催・企画制作:ナイスコンプレックス

【チケット】
全席日時・座席指定(税込)
Nシート (お土産付き/最前列) 10,000 円
S席(お土産付き) 8,800 円、S席(お土産なし) 7,300 円
A席6,000 円
B席3,500 円
※チケット取り扱いなど詳細は公式サイトまで。http://naikon.jp/

タイトルとURLをコピーしました