藤岡正明×木村花代 初共演のロック・ミュージカル『Hundred Days』が2020年2月に日本初演決定

コラム・ニュース

2020年2月20日(木)〜3月8日(日)まで新宿シアターモリエールと中野ザ・ポケットで上演されるオフブロードウェイ・ミュージカル『Hundred Days』の日本初演の詳細日程が発表された。本作はシンガソングライターで俳優でもある藤岡正明と元劇団四季の主演女優・木村花代の2人によるロック・ミュージカル。日本語上演台本・訳詞・演出を板垣恭一が、音楽監督を桑原まこが務める。

この作品は、100日を100年のように生きようとした二人の男女の回想録。
どんなに元気そうに見えても、どんなに愛してやまなくても、一度も喧嘩なんてしたことがなくたって、いつか平等に訪れる別れがある。それは選んだものかも知れないし、偶然かも知れない。でも抗うことができないその事実の前に、この二人はただ悩んで立ちすくむだけではなかった。もしあと100日しか生きることができないとして、愛する人との残った時間を100年のように生きるために、あなたなら何ができるだろうか?

本作はシンプルなセットと、まさに6人編成のロックバンドがライブハウスでコンサートを行うような形式で劇が進行していく。それはかの名作『ヘドウィグ・アンド・アングリー・インチ』を思い浮かべていただければピンとくるはず。そして冒頭から畳み掛けるようなリズムと音の洪水の中で、「他人を愛して生き抜く」ことについてのあらゆる思索を旋律に載せて投げかけてくる。これは死に関する話ではなく、他人と人生を歩むこと=「愛」についての寓話だ。

『Hundred Days』はアビゲイルとショーンの二人が出会って夫婦になり現在に至るまでを様々な角度のLOVE SONGで紡ぎながら回想していく形式を取っている。シンガーソングライターとしても活動している藤岡正明が自らギターを握ってベンソンズというバンドを率いるリーダー、ショーンに扮する。伸びやかな歌声と可憐なイメージの木村花代は自身初となるロック・ミュージカルのヒロイン、アビゲイルとして力強くも奔放な女性役に挑む。

そしてこの物語の日本語版を紡ぐのは『いつか~one fine day』『FACTORY GIRLS ~私が描く物語~』で脚本家としても活躍を見せる演出家・板垣恭一。日本語の響きの美しさをしっかりと歌詞に反映し客席に届ける力がこの回想録に想像力を与える。音楽を支えるのは『いつか~one fine day』で読売演劇大賞2019上半期スタッフ賞にノミネートされた桑原まこ。楽曲への繊細なアプローチに定評のある桑原の劇に寄り添う演奏にも注目だ。

HUNDRED DAYS Trailer

■Story
実生活でも夫婦でありミュージシャンでもあるベンソンズのメンバー、 アビゲイル(木村花代)とショーン(藤岡正明)は、 自分たちに実際に起こった話をベースに、 愛についての物語をミュージカルに仕上げた。彼らは出会った瞬間互いに一目惚れし、 アビゲイルは当時付き合っていた婚約者同然だった彼と別れ、 ショーンの家に転がり込む。 それが出会って2日目のことだ。 だから彼らは二人が互いに出会うまでにどんな人生を送ってきたかを確かめ合う必要があった。

アビゲイルは問題を抱えていた。

幼い頃、 不慮の出来事で家族を失い、 何かを失うことに対して極度の恐れを抱いていた。

ショーンは問題を抱えていた。

牧師の息子として生まれ、 教会の地下が世界の全てだったような彼はあらゆるエゴを捨てることに全力を尽くすあまり人と関わることが難しい人間になっていた。

しかしそんな問題を抱えていても互いを必要とする得体の知れない引力に抗う術はなく、 ショーンは翌日から一緒に住むことにしていた唯一の友人であり幼馴染みであるマックスとの共同生活を断り、 そして3週間後にアビゲイルと結婚するに至る。

しかし、 そこには最大にしてどうしようもない苦難が待ち構えていた。アビゲイルの夫は、 余命100日しかないのだった 。 二人は残った100日をどうすれば100年のように過ごせるか互いに話し始めるのだが・・・。

藤岡正明 Masaaki Fujioka

1982年12月18日生まれ、 東京都出身。  CHEMISTRYやATSUSHI(EXILE)を輩出した伝説の「ASAYAN」超ヴォーカリストオーデションを機に2001年、 Sony Music Internationalからデビュー。 2005年『レ・ミゼラブル』のマリウス役でミュージカル界にも進出。 2008年には『ミス・サイゴン』のクリス役を演じ、 以降、 数々のミュージカルに出演している。 2014年には自らの演劇ユニット「青唐辛子」で、 脚本・演出・音楽・出演すべてを手掛けるなど今後の活動が期待される。 近年の主な舞台作品に『ジャージー・ボーイズ』『宝塚BOYS』『タイタニック』『いつか~one fine day』等がある。

木村花代 Hanayo Kimura

劇団四季の主演女優として『キャッツ』グリドルボーン役、 『オペラ座の怪人』クリスティーヌ役、 『美女と野獣』ベル役、 他多数の作品に出演しヒロインを演じる。  2018年8月芸能活動20周年を記念してCDアルバム「Change of Flower」を発売し東京、 大阪にてコンサートも開催した。 退団後の主な出演作品に、 ミュージカル『メリー・ポピンズ』、 『星の王子さま』、 『キューティ・ブロンド』、 『Play a Life』、 丸美屋食品ミュージカル『アニー』、 『ミス・サイゴン』LIVE活動も精力的に行い、 沖縄・熊本にてコンサート、 NYカーネギーホールにて歌唱を披露。  2019年8月ミュージカル『人生のピース』、 10月~『ラヴズ・レイバーズ・ロスト』出演予定。

板垣恭一 Kyoichi Itagaki(日本語上演台本・訳詞・演出)

演出家・脚本家。 日大芸術学部演劇学科、 第三舞台を経て演出家に。 ストレート・プレイからミュージカルまで、 多くの作品に携わり、 大劇場作品や若手公演の演出での手腕も高く評価される。 「社会派エンタテインメント」というジャンルの確立を模索中。 2019年度の作品に『いつか one fine day』、 『グーテンバーグ!ザ・ミュージカル2019』、 『FACTORY GIRLS ~私が描く物語~』、 『In This House ~最後の夜、 最初の朝~』、 『フランケンシュタイン』など。

オフブロードウェイ・ミュージカル『Hundred Days』

作詞・作曲: アビゲイル&ショーン・ベンソン(Abigail & Shaun Bengson)
脚本:サラ・ガンシャー (Sarah Gancher)
翻訳:工藤紅
日本語上演台本・訳詞・演出:板垣恭一
音楽監督:桑原まこ

[料金]
一般席及び字幕席 8,500円(全席指定・税込)
※字幕席は公式サイトのみでの取り扱いとなります。

【TIMETABLE & ACCESS】
2020年2月20日(木)~2月24日(月・祝) @シアターモリエール
2/20(木) 19:00
2/21(金) 19:00
2/22(土) 13:30 / 17:30
2/23(日) 13:30
2/24(月・祝) 12:30 / 16:30
※開場は開演の30分前、 未就学児入場不可


〒160-0022
東京都新宿区新宿3-33-10 新宿モリエールビル 2F
JR新宿駅 中央東口・南口 徒歩5分/都営新宿線 新宿三丁目駅(A1出口) 徒歩3分

2020年3月4日(水)~3月8日(日)@中野ザ・ポケット
3/4(水) 19:00
3/5(木) 19:00
3/6(金) 19:00
3/7(土) 13:30 / 17:30
3/8(日) 12:00 / 16:00
※開場は開演の30分前、 未就学児入場不可

〒164-0001東京都中野区中野3-22-8
JR中央・総武線/東京メトロ東西線 中野南口より徒歩5分。
※駐車設備はありません。 車、 バイクでのご来場はご遠慮下さい。

タイトルとURLをコピーしました