舞台芸術を未来に繋ぐ基金 報告会&井上芳雄による特別番組が放送決定

コラム・ニュース

コロナ禍で困窮している舞台芸術関係者を支援するために設立された「舞台芸術を未来に繋ぐ基金(以下みらい基金)」は、基金発足から1カ月という異例のスピードで、この6月に実施した第1回目となる助成金交付について、その採択と分析結果を発表する生会見をみらい基金のYouTubeチャンネルであるMirai CHANNELで、2020年6月29日(火)21時から行うことになった。

また会見の2日前となる6月27日(土)13時からは、同チャンネルの6月特番として、井上芳雄がナビゲーターを務める「日本版トニー賞への道」と題した舞台芸術にまつわる賞に関する検証・討論番組を放映する予定となっている。

6月29日の生会見では、前述の統計データについてグラフを交えて詳細に伝えられると同時に、基金のこれまでの活動経過と今後の目標について話される。またYouTubeのチャット機能を使ってリアルタイムで質問にも答えていく予定だ。登壇者は、賛同人を代表して、発起人の宋元燮杉本宏賛同人を代表して板垣恭一、伊礼彼方。これまで支援してきた人たち、現在支援を検討中の人、また今後の基金の動向に注目されている人は、ぜひ視聴してほしい。(アーカイブ有り)。


また、すべての舞台芸術を愛する人々に向けた情報発信と共有の場とするために、5月20日よりスタートした賛同人とつくるYouTube配信プログラム『Mirai CHANNEL』。通常は「舞台の教育バラエティ」をテーマに毎週水曜から金曜にかけて3プログラムを配信しているが、初となる特別番組に、井上芳雄をナビゲーターに迎え、「日本版トニー賞への道」を放送することになった。

トニー賞とは何か?何故日本版のトニー賞を目指したいのか?ゲストにWOWOWのプロデューサー金山麻衣子、映画・演劇評論家の萩尾瞳、俳優で演出家の今井朋彦を迎えて、トニー賞と日本の演劇賞を解体しつつ、今欲しい新たな演劇賞の模索を届けるという、舞台芸術を愛する心に満ち溢れる愉快で真面目な企画だ。

そして番組では6月22日に〆切になったばかりの「勝手に演劇賞」の結果も発表。投票総数3600件超によって選ばれた日本を代表する作品やアーティスト、スタッフは誰なのか、興味が高まる。

■番組名:MiraiCHANNEL 6月特番「日本版トニー賞への道」
■放送予定日: 2020年6月27日(土) 13時 ※初回放送後はMirai CHANNELにてアーカイブ配信

〔出演〕
■ナビゲーター:井上 芳雄(俳優・歌手・賛同人)
■ゲスト:金山 麻衣子(株式会社WOWOWプロデューサー)、萩尾 瞳(映画・演劇評論家・賛同人)、今井 朋彦(俳優・演出家・賛同人)
詳細:https://note.com/butainomirai/n/n74f0a1ba1e44

Mirai CHANNELとは?
毎週、水曜・木曜・金曜にそれぞれのテーマに沿って舞台芸術業界を様々な角度からご紹介していく番組です。 ◆水曜コーナー=未来に繋ぐトーク:舞台業界の過去と現在についてゲストを招いてい深く掘り下げてみるトーク番組
◆木曜コーナー=未来に繋ぐレッスン:プロとして活躍する舞台芸術家の様々なテクニックをちょっと教えて貰う番組
◆金曜コーナー=未来に繋ぐギルド:舞台芸術業界を支える裏方の方々に登場していただき、知られざるその職業について学ぶ番組

いずれも初回放送は20:00より。
初回放送以降はアーカイブでお楽しみいただけます。

みらい基金とは?
舞台芸術を未来に繋ぐ基金では、寄付による原資を使い、新型コロナウイルス感染症の拡大防止によって活動停止を余儀なくされた舞台芸術に携わる出演者・クリエーター・スタッフ(個人、団体問わず)に対して今後の活動に必要な資金を助成します。

●公式サイト https://www.butainomirai.org/
●寄付受付(プロジェクトサイト) https://motion-gallery.net/projects/butainomirai
●Mirai CHANNEL(公式YouTube) https://www.youtube.com/c/butainomirai
●公式Twitter https://twitter.com/butainomirai
●公式note https://note.com/butainomirai
●公式Facebookページ https://www.facebook.com/butainomirai

タイトルとURLをコピーしました