海宝直人、舞台芸能活動25周年を記念したニューアルバムの発売が決定 地元市川でコンサートも

コラム・ニュース
海宝直人

ミュージカルを中心に活躍する海宝直人が、舞台芸能活動25周年を記念したニューアルバム『Break a leg!』(読み:ブレイク・ア・レッグ))を、2020年12月2日(水)にリリースすることを発表した。

海宝は、『ライオンキング』『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』『アラジン』『ノートルダムの鐘』など、多くの名作に主役・要役で出演。「ロンドン・ロイヤル・オペラ・ハウス」コンサートマスター、ヴァスコ・ヴァシレフや作曲家の村井邦彦らも、彼の才能を早くから認めていた。

今回のアルバムは、世代を超えて歌い継がれてきたミュージカルナンバーをオーケストラと共に創り上げた、自身初となるミュージカル名作カバーアルバムとなっている。

良質でアカデミックなことはいうまでもなく、確かな歌声や表現力、真骨頂であるダイナミックさと繊細さを兼ね備えた海宝のクリエイティビティが存分に味わえる作品となっている。

そして2020年9月11日(金)には、自身の地元である千葉県市川市の市川市文化会館 大ホールにおいて、芸能生活25周年を記念したコンサートを開催した。

冒頭には海宝がオーケストラの指揮をとるというサプライズがあり、これにはファンから歓喜の声が上がった。

photo by Hideo Nakajima

その後、自身の芸能生活の軌跡を辿るかのような演出が繰り広げられ、16人のオーケストラとともに贈るステージは、圧倒的なパワーで会場を包んでいった。

子役時代より数々の作品に出演してきた海宝は、楽曲の合間にたっぷりと作品について語り、また出会った国内外のクリエイターたちを称賛し、海宝らしい丁寧さと誠実さでトークを繰り広げた。

photo by Hideo Nakajima

レ・ミゼラブルやアナスタシア等の名作のカバーはもちろんのこと、「夜空のムコウ(SMAP)」や「手紙(アンジェラ・アキ)」等往年のヒット曲も披露。

photo by Hideo Nakajima

リリースが決定したニューアルバムについて、同時にCX「ミュージックフェア」NHK「うたコン」への出演も告知。会場は熱気を帯びた拍手に包まれ、海宝からの「みなさん、本当にいつも応援してくれてありがとうございます」という言葉は、より一層、意味合い深く受け止められた。

海宝は、アルバム発売に関して「Break a leg!は舞台用語で”Good Luck”の意。手にとってくれた人たちの元気や明日に向かう何か希望のようなものになってくれたら嬉しいです」とコメントしている。

アルバム概要

初回生産限定『Break a leg!–mare-』
[CD+歌詞Booklet] 11曲 収録(Guest Vocal あり)
[Blu-ray]OFF SHOT & Interview収録
[パンフレット ] 40P
価格:¥7,200+Tax

初回生産限定『Break a leg! –luna-』
[CD1+歌詞Booklet] 11曲収録(Guest Vocal あり)
[CD2] 2曲 収録 (Karaoke minus1)
[2021年Calendar + Serial Card] デジタルコンテンツ付き卓上カレンダー
価格:¥7,200+Tax

通常盤『Break a leg!』
[CD+歌詞Booklet]10曲収録
価格:¥3,300+Tax

タイトルとURLをコピーしました