『どん底作家の人生に幸あれ!』アーマンド・イアヌッチ監督より日本公開にむけてメッセージ&本作冒頭映像が解禁

コラム・ニュース
(C)2019 Dickensian Pictures, LLC and Channel Four Television Corporation

『スターリンの葬送狂騒曲』のアーマンド・イアヌッチ監督が、『LION/ライオン~25年目のただいま~』でアカデミー賞にノミネートされた名優デヴ・パテルを迎え、イギリスの文豪ディケンズの自伝的傑作小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化した『どん底作家の人生に幸あれ!』が、2021年1月22日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、シネマカリテほか全国公開される。

この度、日本公開にむけてイアヌッチ監督のメッセージ映像、そしてデヴ・パテル演じる主人公ディヴィッドが、自らの生い立ちを振り返り始め、一気に物語世界へと誘う本編冒頭映像が解禁された。

原作は19世紀イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの代表作「デイヴィッド・コパフィールド」。文豪自ら「著作の中で一番好きだ」と公言していたこの小説の持つユーモラスな魅力に新たな光を当て、笑って泣ける絶品のエンターテイメントに生まれ変わらせたのは、『スターリンの葬送狂騒曲』でスターリンの葬式をめぐる政治家たちのドタバタ権力闘争をシニカルな笑いたっぷりに描いた鬼才アーマンド・イアヌッチ監督。 今回イアヌッチ監督は日本公開にむけて「日本の皆さん、こんにちは。この映画を上映する映画館に、すべての観客の皆さん、皆さん全員にお越しいただけますように!」と笑顔でメッセージ。

あわせて解禁となった本作冒頭映像は、拍手で観衆に迎えられた主人公ディヴィッドがステージに上がり「ありがとう。僕は自分の物語の主人公になれるか、誰かにその座を奪われるのか」とスピーチする場面。そして「ご覧に入れよう」という言葉をきっかけに、舞台は一気に彼が生まれた”カラスの家“へ。そこには、陣痛で「痛い!」と叫び暴れるデイヴィッドの母の姿と、家政婦ペゴティが慌てて準備をする様子が。それを窓から奇妙な顔で覗きこんでいたのが、ティルダ・スウィントン演じる伯母のトロットウッド夫人。のちにデイヴィッドを助けることになる伯母は苦しむ母にお構いなしに家へ上がり込むー。自分が生まれる瞬間を大人になったデイヴィッドが見守るという展開に、観客もデイヴィッドの物語へ誘われていく演出が印象的なシーンだ。

チャールズ・ディケンズの長年のファンであるイアヌッチ監督は「原作が訴えかけていたのが、デイヴィッドが自分は何者なのかと悩み、運命の浮き沈みのなかで、いろいろな人からいろいろな呼び方をされ、居場所を見つけられずにいる状態から、執筆活動を通して自尊心を見出すまでの過程。そしてそれは現代人なら誰もが抱える感覚ではないか」と語る。混沌とした現代だからこそ、主人公ディヴィッドの波乱万丈な物語は、私たちの《人生大逆転》のヒントになることだろう。 映画批評サイトRotten Tomatoes(ロッテントマト)でも92%FRESH(11/2現在)と世界中から支持される本作に注目したい。

《ストーリー》  デイヴィッドは少年の頃、周囲の“変わり者”たちのことを書き留めては、空想して遊んでいた。優しい母と家政婦の3人で幸せに暮らしていたが、暴力的な継父の登場によって人生が一変。都会の工場へ売り飛ばされ、強制労働のハメに!しかも里親は、借金まみれの老紳士だった…。 歳月が過ぎ、ドン底の中で逞しく成長した彼は、母の死をきっかけに工場から脱走。たった一人の肉親である裕福な伯母の助けで、上流階級の名門校に通い始めたデイヴィッドは、今まで体験した“作り話”を同級生に披露して人気者になる。 さらに、令嬢ドーラと恋に落ち、卒業後に法律事務所で働き始めた彼は、順風満帆な人生を手に入れたかに見えた。だが、彼の過去を知る者たちによって、ドン底に再び引き戻されようとして…。果たして、デイヴィッドの数奇な運命の行方は!?すべてを失っても綴り続けた、愛すべき変人たちとの《物語》が完成した時、彼の人生に“奇跡”が巻き起こる―。

★公式サイト:gaga.ne.jp/donzokosakka

タイトルとURLをコピーしました