ニューヨーク発 ディスカウントチケットストア「TKTS」が日本に登場!

コラム・ニュース

2019年8月29日(木)、東京・渋谷ヒカリエにディスカウントチケットストア「TKTS」がオープンした。公演当日と翌日のチケットが20%から場合によっては50%割引で購入できる店舗だ。(一部定価販売もあり)TKTSはニューヨーク・ブロードウェイ発祥のチケットストア。このたび日本に初上陸したことになる。

一番の特徴は、ブロードウェイのTKTSはミュージカルのチケットだけを扱っているのに対し、日本版TKTSはミュージカルだけでなく、歌舞伎や能、小劇場の演劇、スポーツ、展示会など幅広いジャンルのチケットを扱っていることだ。どんなチケットを扱っているのかは、随時更新されている店頭の掲示板やインターネット上で確認できるが、購入は現地の店舗でしかできず、決済はクレジットカードか電子マネーとなる。

このシステムを便利と思うかどうかは人によると思うが、筆者はすごくいいと思った。本当に作品を観たい人にチケットが渡るシステムが一番望ましいと思うからだ。実際にオープン当日のセレモニーに参加した俳優の成河も「今はインターネットで公演のチケットを取る人がほとんどで、取り方を知っている人が有利。でもこうして対面販売ができたことによって、そういう状況が変わればいい」と言っていた。まさにそのとおりだと思う。

そして訪日外国人にもメリットがあるようだ。セレモニーに参加した観光庁長官が言っていたのは、訪日外国人が不満に思っていることの一つとして、歌舞伎などのチケットをどうやって取ればいいのか分からないことだという。実際にTKTSオープンのニュースを報道していたNHKのニュース番組でも、インタビューに答えていた外国人観光客が「歌舞伎を見たいのにチケットの取り方が分からない」と答えていた。「渋谷のヒカリエへ行けば、チケットが取れるかも」となれば分かりやすいだろう。

実際の店舗はこんな感じだった。

「これが店舗?」と思ったのだが、もともとニューヨークのTKTSが現金輸送車を模したものだったようだ。チケットの購入は窓から顔を出しているスタッフに声をかければOK。どの公演がおすすめか、説明をしてくれるフレンドリーなコンシェルジュもいる。

現在オープン記念として、チケットを購入するとチケットホルダーなどのノベルティーがもらえるそうだ。

「今日、時間ができたからミュージカルを観に行きたい」と思ったときに、とりあえず渋谷・ヒカリエへ行ってみよう。思いがけない作品のチケットが手に入るかもしれない。ちなみに9月5日(木)は、大阪・南海ターミナルビルの総合インフォメーションセンターなんば内にオープン予定だ。

タイトルとURLをコピーしました