荒牧慶彦、健人、岩崎孝次、上堂地かんきが出演 狂言公演 『能楽男師~鴈礫・附子~』が上演

コラム・ニュース
(C)2020 ARAMAKI YOSHIHIKO(C)2SPACE CRAFTGROUP.(C)2HERO

2020年3月15日 (日)宝生能楽堂(東京・水道橋)において、狂言公演『能楽男師~鴈礫・附子~』が上演される。

2.5次元舞台で話題の俳優たちが、⼤蔵流狂⾔師「善⽵富太郎」⽒の監修のもと、伝統芸能「狂⾔」の世界を華麗に表現し、「能楽」を後世へ伝える⼀⼤プロジェクト「能楽男師」。第2回公演のキービジュアルが公開となった。

今回は、2演⽬上演のうち、「鴈礫(がんつぶて)」のシテ(主演)「大名」役、「附子(ぶず)」のアド「次郎冠者」役には、舞台『⼑剣乱舞』をはじめ、さまざまな舞台で人気の荒牧慶彦、「附子」のシテ(主演)「太郎冠者」役、「鴈礫」のアド「道通り(みちどおり)」役には舞台『テニスの王子様』をはじめ、数多くの舞台に出演する健人ら、豪華俳優陣が出演する。

また「鴈礫」の「仲裁人」役には、⽣演奏ミュージカル『信⻑の野望-炎舞-』などに出演する岩崎孝次、「附子」の 「主(しゅう)」役には舞台『魔術⼠オーフェン』などに出演の上堂地かんきが脇を固め、善⽵富太郎⽒演出・構成のもと、新しい狂⾔の世界を彩る。

(左から)荒牧慶彦、健人、岩崎孝次、上堂地かんき(C)2020 ARAMAKI YOSHIHIKO(C)2SPACE CRAFT GROUP.(C)2HERO

狂言公演『能楽男師~鴈礫・附子~』
◆上演期間:2020年3月15日 (日)
◆上演タイムスケジュール
第1部15:00~16:30(14時00開場)
第2部19:00~20:30(18時00開場)
◆会場
宝生能楽堂
東京都文京区本郷1丁目5-9
(JR水道橋駅 徒歩1分)

◆料⾦(全席指定・税込) S席7 ,300 円 A席6 ,000円
監修:善竹富太郎
出演:荒牧慶彦、健人、岩崎孝次、上堂地かんき
制作:HERO
協力:スペースクラフト
主催:能楽男師製作委員会
公式HP:https://gaku-dan.com/
公式Twitter @nougakudanshi

タイトルとURLをコピーしました