市村正親が人生初のサイン会を開催

コラム・ニュース
©ホリプロ

2020年1月27日(月)八重洲ブックセンター本店8階ギャラリーにおいて、ミュージカル俳優の市村正親がサイン会を開催することが決定した。70歳最後の日に自伝的演劇エッセイ本『役者ほど素敵な商売はない』を出版するにあたってのサイン会で、意外なことに市村にとっては人生初のサイン会となる。ミュージカル好きにとってレジェンドである市村からサインをしてもらえるのは、貴重な機会といえるだろう。

『役者ほど素敵な商売はない』では、市村の俳優人生に関して綴られているという。ミュージカル『オペラ座の怪人』ファントム誕生秘話から、劇団四季退団の真相、蜷川幸雄が繰り出す「ダメ出し」の意味、白血病で早世した本田美奈子との絆、突然のがん闘病、そしてこれまであまり語ってこなかった「役作り」まで、激動の舞台人生を語る。

サイン会ではトークショーも予定されているので、いつも楽しいトークで沸かせてくれる市村がどんな話をするのか、こちらも注目だ。

■日時:2020年1月27日(月) 19:00~20:30(開場18:20)
■場所:八重洲ブックセンター本店 8階ギャラリー
■タイムスケジュール:19:00~19:30トークショー/19:30~20:30サイン会
※トーク終了後のサイン会のサインは八重洲ブックセンター本店でお買い求めいただいた『役者ほど素敵な商売はない』に入ります。また、お1人様1冊とさせていただきます。

【参加要項】参加定員:100名(お申し込み先着順) ※満席になりましたら、キャンセル待ち受付をいたします。

【申込方法】下記のイベントページにて、お申し込みを承ります。
https://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/17614/

【参加対象書籍】『役者ほど素敵な商売はない』(1/27発売、本体価格1,500円)
※書籍の発売前でもご予約できます。
※対象書籍以外の物にはサインできません。
※講演中の撮影・録音はできません。

タイトルとURLをコピーしました