ミュージカル『ナイツ・テイル』観劇

今年一番の目玉といっていいミュージカル『ナイツ・テイル』を観てきた。

f:id:yoshinagamaki24:20180729193501j:plain

井上くんが堂本光一くんと共演するだなんて、それだけで話題性抜群なのに話のベースがシェークスピア、そして演出がジョン・ケアードとどこまで豪華なんだとうなりたくなったこの作品。ただ私はシェークスピアがちょっと苦手なので、必死でセリフを聞こうとしたら、案の定かなり肩に力が入ってしまった。

話はいたって単純。いとこ同士の井上くん演じるバラモンと光一くん演じるアーサイトが敵国にとらえられ、2人ともその国の姫に恋をして、でもいろいろあって、最後はみーんなハッピーになるお話。

井上くんと光一くんの軽妙なやり取りや「えっ?そこいじっていいの?」という光一くんと井上くんの身長差の話など、随所に笑いがある舞台だった。

井上くんがパーソナリティーを務めるラジオで「ナイツ・テイルの殺陣の稽古で…って殺陣の稽古の話ばかりしてますけど、本当に多いんですよ」といっていたように、とにかく殺陣のシーンが多い。舞台はギリシャのはずだが、なぜか戦国武将のような装いがユニークだった。そう!今回の演出は和洋折衷がとても魅力的。三味線と横笛、太鼓をふんだんにつかった音楽は、とっても素敵だった。

f:id:yoshinagamaki24:20180729194752j:plain

なにはともあれ、主演の二人がとても楽しそうなのが、見ていて気持ちがいい。そして光一くんが得意のダンスを披露し、歌は井上くんがリードするというそれぞれがアピールできる舞台になっていたと感じた。

リピートは無理だと思うが、できることならもう一度きちんと話を追って観たかった。ラッキーなことにチケットを手に入れた人は、ぜひ主演二人の魅力が炸裂する舞台を楽しんでほしい。

タイトルとURLをコピーしました