開場から終演後まで“観劇する側”を描く 舞台『観劇者(再)』5月に上演決定

『観劇者(再)』

2022年5月4日(水・祝)~8日(日)に、東京・シアターグリーン BIG TREE THEATERにて、舞台『観劇者(再)』の上演が決定した。

当公演は、2021年6月30日(水)~7月4日(日)に同会場にて上演した作品の再演。〈客席にこそドラマがある〉をテーマに、客席開場から終演後までの観劇者たちを描く物語。

前回9名だった“観劇者“たちが、今回は10名となり、彼らがどのような経緯でこの舞台を観劇することになったのか、どのような想いで予定を空け、チケットを買ったのかを、個性豊かな俳優たちが最後まで観劇マナーを守って演じる。脚本・演出は、前回に続いて開沼 豊が担当。

キャストは、外岡 えりか、林 明寛、大滝 樹、岩佐 祐樹、吉田 翔吾、長戸 勝彦が続投。新たに毎熊 宏介、清水 麻璃亜(AKB48)、伊藤 あいみ、井上 薫の4名が加わる。チケットの先行販売は2月11日(金・祝)18時よりイープラスにて受付開始される。

あらすじ

東京のとある劇場の客席M列5番から14番に座る男女10人の観劇者たち。
娘を観に来た夫婦や、彼氏を観劇に連れてきた彼女。ずっと観たくて仕方なかった作品を初めて観劇する女や、観劇そのものが生き甲斐となっている男。劇場という空間に特別な想いがある女や、とある事情で少しでも早く終演して欲しいと願っている男。そして、劇場の前を通り掛って当日券で入った女と、主演を務めることになった友人を観に来た男。彼ら、彼女らはどのような経緯でこの舞台を観劇することになったのか。どのような想いで予定を空け、チケットを買ったのか。
この作品は、客席開場から終演するまで、ご観劇されるお客様を描く物語。
俳優が最後まで観劇マナーを守って演じます。

『観劇者(再)』

【公演日時】2022年5月4日(水・祝)~8日(日) 全9公演

※開場は開演の45分前

【会場】シアターグリーン(池袋) BIG TREE THEATER (東京都豊島区南池袋2-20-4)
【脚本・演出】開沼 豊
【出演】毎熊 宏介 外岡 えりか 林 明寛 大滝 樹 岩佐 祐樹
清水 麻璃亜(AKB48) 伊藤 あいみ / 吉田 翔吾 / 井上 薫 長戸 勝彦
【チケット料金】7,000円 (全席指定/税込)
【オフィシャル先行】2022年2月11日(金・祝) 18:00~20日(日) 23:59
          イープラス:https://eplus.jp/kangekisya-official/
          ※他、先行販売情報は随時公式ホームページへ掲載
【チケット一般発売日】2022年4月9日(土) 10:00~
イープラス:https://eplus.jp/kangekisya/
チケットぴあ:https://w.pia.jp/t/kangekisha/ (Pコード:510-925)
ローソンチケット:https://l-tike.com/kangekisya/ (Lコード:31838)
イープラス:https://eplus.jp/kangekisya/

【企画・主催】エーディープロジェクト/サンライズプロモーション東京
【制作】エーディープロジェクト
【公式サイト】https://www.kangekisha.jp/top
【Twitter】@kangekisha2021
【Instagram】kangekisya_2022
【お問合せ】サンライズプロモーション東京 0570-00-3337 (平日12:00~15:00)

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる