⼭⽥真歩・松島庄汰 W主演 CCCreationPresents 舞台『沈丁花』KAAT ⼤ホールにて公演決定

2022年12⽉16⽇(⾦)〜12月20⽇(⽕)KAAT神奈川芸術劇場〈⼤スタジオ〉にて、CCCreationPresents 舞台『沈丁花』が上演される。

東京芸術劇場シアターウエストでのあやめ⼗⼋番公演『空蝉』が⼤好評のうちに幕を閉じたばかりの脚本・演出家の堀越涼が、新作オリジナルとして書き下ろした作品を上演する。

W主演には、映画やドラマなど映像作品にて活躍する⼭⽥真歩、多くの舞台経験を重ねる松島庄汰

松島演じる油⽊正⼈の20年後を確かな演技⼒で魅せる⼤沢健。俳優、声優、ミュージシャンとさまざまなジャンルで活躍する藤原祐規少年T、和合真⼀、宇佐卓真ら若⼿の⾯々など、あやめ⼗⼋番公演とはまた⼀味違った出演陣と堀越とのタッグとなる。

あやめ⼗⼋番といえば、⽣⾳楽。本公演も⾳楽監督には吉⽥能(あやめ⼗⼋番)が参加し、楽隊を従え『沈丁花』の作品世界を彩る。

【物語】

⾬。その姿は⾒えないが、その⾜⾳と気配がする。この⾬の正体は”化け物”である。これから訪れる未曾有の⽔害を、まだ誰も知らないで居る。油⽊正⼈(現代:⼤沢健)の事務所は今、激しい⾬⾳と闇の中にある。20年前。旅⾏雑誌ライターの油⽊正⼈(過去:松島庄汰)は、偶然道に迷った先で「⽩花温泉」という名の⼩さな秘湯に辿り着く。そこで唯⼀の温泉旅館を営む早明浦やゑ(⼭⽥真歩)と出会う。良質な湯に驚いた正⼈は取材を開始するが、温泉街にも関わらず観光客を呼び込む事に消極的なやゑら街の⼈々。同じく湯に魅了されたと湯治に通う新聞記者の滝⾥純(藤原祐規)。沈丁花⾹る温泉街で忘れえぬ時間が始まる。過去と現代、ふたつの時間軸はリンクしながら、正⼈の遠い過去の記憶を呼び覚まし、警報鳴り響く豪⾬災害の夜とを繋ぐ。

CCCreation Presents 舞台『沈丁花』

■2022年12⽉16⽇(⾦)〜12月20⽇(⽕)全8ステージ
12/16(⾦) 19:00開演
12/17(⼟) 14:00開演 / 18:00開演
12/18(⽇) 14:00開演 / 18:00開演
12/19(⽉) 14:00開演 / 19:00開演
12/20(⽕) 12:30開演

■KAAT神奈川芸術劇場〈⼤スタジオ〉

■脚本・演出:堀越涼(あやめ⼗⼋番)

■出演
⼭⽥真歩 松島庄汰
藤原祐規 少年T 和合真⼀ 宇佐卓真
⼤沢健
ほか

■チケット
・⼀般:6,900円(全席指定・税込)
・パンフレット付:8,300円(全席指定・税込)
・学割(U-18以下対象):5,500円(全席指定・税込)※当⽇年齢の分かる⾝分証提⽰。
公式先⾏:10/15(⼟)〜
⼀般販売:11/26⽇(⼟)〜
チケット取扱:カンフェティ https://confetti-web.com/jinchouge

■公演サイト:https://www.cccreation.co.jp/stage/jinchou-ge/
■公式ツイッター :@ccc202007
■主催:CCCreation
■公演に関するお問合せ先 CCCreation:cccreation2019@gmail.com

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次