『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』再演決定 本場ブロードウェイの豪華キャストがディズニーの音楽を歌い上げる

コラム・ニュース

世界で注目を集め、最高レベルのクオリティを誇るブロードウェイスター達の圧倒的な歌唱力が楽しめる公演『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』の日本再演が決定した。2020年1月30日(木)・1月31日(金)に東京国際フォーラム ホールAで開催される。

『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』は、アメリカ・ボストンのボストンシンフォニーホールやイギリス・ロンドンのロイヤルアルバートホールで上演され、日本では2019年1月31日、2月1日、パシフィコ横浜・国立大ホールにて初公演が行われ、大盛況を果たした。『美女と野獣』の「Be Our Guest」のナンバーで華やかなオープニングを迎え、舞台に勢ぞろいした海外キャストは、『メリー・ポピンズ』メリー・ポピンズ役(オリジナルキャスト)、「『美女と野獣』ベル役のアシュリー・ブラウン、『ターザン』ターザン役(オリジナルキャスト)のジョシュ・ストリックランド、『ライオンキング』父親・ムファサ役を4300回以上を演じた記録を誇るアルトン・フィッツジェラルド・ホワイト、『ライオンキング』ナラ役を誰よりも長く演じたキシー・シモンズ。ブロードウェイで活躍する俳優たちが実際に演じた楽曲を熱唱する姿に、会場のボルテージも一気に高まった。

2019年公演左から、アルトン・フィッツジェラルド・ホワイト、キシー・シモンズ、アシュリー・ブラウン、ジョシュ・ストリックランド

ディズニー名曲の数々をブロードウェイのステージさながら、圧倒的なパフォーマンスと歌唱力で披露。「ブロードウェイのキャストを日本で観ることができて最高の時間を過ごせた」「歌声、演奏、全てに感動した。とにかくパワフル」「想像以上!オープニングから涙が止まりませんでした」などの感想が多数寄せられ、大反響となった。

そんなディズニー・ミュージカルが伝える夢、希望、そして愛が詰まったコンサートが、さらにパワーアップして2020年に開催される。『ライオンキング』『ターザン』のアソシエイト・ディレクターを務め、日本でも『ライオンキング』『リトル・マーメイド』の幕開けに携わり、本公演のプロデューサーでもあるジェフ・リー(Jeff Lee)は、「東京で2年目のディズニー・ブロードウェイ・ヒッツを迎えられる事を光栄に思います」と再演への喜びと意気込みを語った。日本初公演を観た人も、まだ観ていない人も、ぜひ会場で世界屈指のパフォーマンスを体感して欲しい。なおキャストは後日発表される。

ジェフ・リー コメント
東京で2年目のディズニー・ブロードウェイ・ヒッツを迎えられる事を光栄に思います。ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツは、今回も二部構成で公演を行い、ディズニー・オン・ブロードウェイの楽曲盛りだくさんで披露します。『美女と野獣』、『ライオンキング』、『メリー・ポピンズ』、『ターザン』、『ニュージーズ』、『アラジン』、『アナと雪の女王』などなど。更に皆様のためにサプライズも用意するつもりです!

日本のファンの皆様とお会いできる事を心から楽しみにしています。前回、横浜でお会いできた方も、来年の東京で初めてお会いする方も、皆様の参加を楽しみにお待ちしてます。皆様には素敵な夜をお過ごし頂ける事、お約束いたします。

ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ
プロデューサー / ディレクター ジェフ・リー

【公演情報】

『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』
■公演日程:2020年1月30日(木)・1月31日(金) 開場18:00/開演19:00
■会場:東京 国際フォーラム ホールA
■料金:VIP席 : ¥16,000(お土産付、前方席保証) S席 : ¥11,000 A席 : ¥8,800 B席 : ¥6,000
※3歳以下の入場不可、4歳以上チケット必要 ※全席指定・税込
指揮者:~ オーケストラ:Disney’s Broadway Hits スペシャルオーケストラ
■公式ホームページ:http://www.disneybroadwayhits.com

タイトルとURLをコピーしました