メナ・マスード、ナオミ・スコット、気になる俳優が増えてしまう! 映画『アラジン』

コラム・ニュース

1992年にディズニーアニメ『アラジン』を観た時、私は社会人1年生だった。毎日仕事が大変で心に余裕がなかったけれど、この映画を観て音楽の素晴らしさに感動し、とても癒されたことを鮮明に覚えている。そのアラジンが実写化されると聞き、「絶対観なくては!」と思っていた。

この作品は舞台で観るのはもちろんいいけれど、映像で観るとより魅力が増すなーと感じた。アラジンとジャスミン姫が空飛ぶじゅうたんに乗るところや、ジーニーが魔法を使うところは映像だと迫力が増す。それに城やアラジンの家から街を見渡すシーンが多いので、そういう美しさも映像ならではの魅力だと思う。

キャストは、難関オーディションを突破してアラジンの役を射止めたメナ・マスード、ジャスミン姫役のナオミ・スコット、そしてジーニー役のウィル・スミス。この3人がとにかくいい!メナ・マスードはこの作品で初めて見たけれど、素朴な感じがとてもいい。ジーニーに魔法にかけられるシーンでは、もう少しはじけてほしい気もしたけれど、これから楽しみだなーと思える俳優さんだった。ナオミ・スコットはかわいい! 歌も上手だし、お姫様に勇敢という形容詞は似合わないかもしれないけれど、勇敢で気高く美しいジャスミン姫だった。

そしてなんといってもジーニー役のウィル・スミスの存在は圧倒的。CGで姿が次々と変わるというのは意外に難しいのではないかと思うのだが、アニメのジーニーに負けない、コケティッシュな雰囲気がよく出ていた。それにこの方、歌も上手なんだなーと。

この作品のいいところは、アラジンのまわりにいる人は誰も命を落とすことがないところ。そして悪者はきちんと成敗されるのが気持ちがいい。ラストにはアラジンとジーニーの間には友情が生まれ、鼻の奥がジーンとした。

なんだか舞台の『アラジン』も観たくなってきたなあ。

タイトルとURLをコピーしました